京都着物レンタル夢館 五条店

京都で着物・浴衣レンタル/ロケーション撮影/団体OK


English
中文(繁体字)
中文(簡体字)
한국어

2023年7月17日

2024年7月1日

投稿者:佐藤よしみ

2024京都 五山の送り火 ゆく夏…レンタル浴衣で大文字鑑賞

 

五山の送り火って?

よく『大文字焼き』と言われますが、京都では『五山の送り火』として親しまれています。京都の東山連峰の如意ヶ嶽の支峰に大文字山があり、この山を望むといつでも山の上に大きな『大』の一文字が見えます。毎年お盆明けの8月16日の晩に、この『大』の大きな一文字に灯がともり、夜空を焦がし大きく赤々と光る大文字がよく知られています。この行事は正式には『五山の送り火』といい京都の夏の風物詩の一つです。

夢館 大文字 五山送り火 着物レンタル 浴衣レンタル

五山とありますように、大文字山だけでなく京都盆地の主に北辺に位置する山々に、夜8時を過ぎると順番に火が灯ります。『大』のほかに、松ヶ崎の『妙・法』、西賀茂の『船』形、大北山の『大』(左大文字)、嵯峨鳥居本の『鳥居』形があります。

点火開始時間は20:00から。

まず東山の『大文字』が20:00に点火、ついで松ヶ崎の『妙・法』が20:05に、次に西賀茂『船』形が20:10に、『大』(左大文字)が20:15に、最後に『鳥居』形が20:20に点火します。

そして、各々の文字が点火から10~15分ほど炎をともし、20:30過ぎには送り火が終了するといった流れになります。

夢館 大文字 五山送り火 着物レンタル 浴衣レンタル
夢館 大文字 五山送り火 着物レンタル 浴衣レンタル

そして、五山の送り火は京都のお盆の伝統行事です。

お盆に我が家にお迎えしたご先祖様の精霊(京都ではおしょらいさんと言います)が、迷わず冥途へお帰りいただくために灯をともすのです。この日の夜は、家族で我が家に近い送り火を見て手を合わせ、ご先祖様の霊をお送りします。

送り火のダイナミックで力強い炎は京都に夏の終わりを告げる風物詩でもあります。

ぜひこの古都の伝統行事を夢館の浴衣をレンタルして鑑賞してみませんか?

次に当日の気分を盛り上げるレンタル浴衣のご紹介と、当店からのおススメ送り火鑑賞ポイントへのアクセスのご案内、食べて楽しむ美味しい送り火!もご紹介。

夢館のレンタル浴衣で送り火を楽しむ

夢館 大文字 五山送り火 着物レンタル 浴衣レンタル
夢館 大文字 五山送り火 着物レンタル 浴衣レンタル
夢館 大文字 五山送り火 着物レンタル 浴衣レンタル
浴衣レンタル 夢館 大文字 五山送り火 着物レンタル

京都の夏は祇園祭や大文字などのいろんなイベントが楽しめます。その時に浴衣姿の方をたくさん見かけられます。
普段の休暇でも浴衣を着てカフェで、或いは近所の鴨川でゆっくりしたり、川床で食事しながらおしゃべりしたりするのもとても癒される時間になると思います。

今年の夏休みは浴衣を着て京都観光に出かけてみませんか。
映画の一面になったような気持ちになって、浴衣を着て思う存分楽しんで下さい。

レンタル料金

事前予約で
お一人  税込5,280円→4,180円

カップルプラン 税込10,560円→税込8,000円(男女ペア2名)

夢館 大文字 五山送り火 着物レンタル 浴衣レンタル
浴衣レンタル

浴衣レンタル

夢館ではオリジナルのかわいい浴衣もご用意しております。
手ぶらでOKの着付けに必要なものはすべて揃ったフルセット浴衣レンタルなので安心です。
女性のオリジナル浴衣だけではなく、男性のオリジナル浴衣はトンボ-紺・緑、麻の葉-緑・黄、七宝-紺・ベジュなどのたくさんご用意しております。
可愛いオリジナル柄の浴衣やシックな大人柄まで揃っているので、年代を問わずに友人、カップル、家族のグループで気軽にご利用頂けます。

浴衣レンタルセット内容

浴衣


夢館のオリジナル浴衣が人気。帯との組み合わせも自由です。


浴衣に合う半幅帯をたくさんご用意しています。

下駄・和装バッグ

肌着(女性のみ)

肌着もついています。肌着の下は、女性はブラカップのついたキャミソールなどがおすすめです。

夢館 大文字 五山送り火 着物レンタル 浴衣レンタル

夢館 大文字 五山送り火 着物レンタル 浴衣レンタル

夢館 大文字 五山送り火 着物レンタル 浴衣レンタル


浴衣持込着付もOK

  • 浴衣持込着付
    税込3,300円
  • 持ち物:
    浴衣、帯、肌着、伊達締め1本、帯板、ひも3本、下駄、バッグか巾着、タオル2枚、和装ブラ(あれば)
  • 詳細は夢館ビューティーをご参考下さい。

夢館ビューティーについて

京都きもの町オリジナル浴衣2024年新作デザインもレンタルできます

浴衣を着て遅い時間まで楽しめる!
※午後来店⇒翌日返却無料&翌日宅配返却550円!9月末までのキャンペーン

夢館の浴衣レンタルは翌日返却が半額か無料でご利用できます。
12時以降ご予約・ご来店で翌日返却無料返却時間を気にせず、ゆっくり夜の京都を満喫できます。翌日の17時までに来店返却または、ホテルやコンビニから宅配返却も別途550円で可能です。

翌日返却 1,100円→無料
翌日宅配返却 1,650円→550円
※9時~11時半にご来店された場合、翌日返却は+550円、翌日宅配返却は+1,100円となります。

夢館 大文字 五山送り火 着物レンタル 浴衣レンタル

オススメの鑑賞スポット

1.夢館からアクセスしやすい鑑賞スポット

①鴨川デルタで大文字を見る

出町柳の通称”鴨川デルタ”といわれる、賀茂川と高野川が出会う三角州あたりやその周辺の広々とした鴨川畔一帯で大文字を見ることができます。当日は付近の道路も通行止めになり、歩行者専用道路になります。

点火開始時間は20:00。ぽつぽつと山に灯が灯りその後徐々に大きな大の字に点灯します。15分ほど炎がよく見えますが、その後は徐々に消えていきます。

アクセス 夢館五条店から徒歩9分→京阪電車清水五条駅、京阪本線出町柳行き乗車(11分)→京阪電車出町柳駅下車→5番出口より西へ徒歩3分、鴨川デルタに到着。

②京都御苑(蛤御門から御所の建礼門付近)から大文字を見る

市内中心部京都御苑からも大文字を見ることができます。御苑の西側にある蛤御門のあたりから、御所の建礼門付近は広々として、ゆっくりと鑑賞することができます。

点火開始時間は20:00。ぽつぽつと山に灯が灯りその後徐々に大きな大の字に点灯します。15分ほど炎がよく見えますが、その後は徐々に消えていきます。

アクセス 夢館五条店から徒歩9分→市営地下鉄五条駅、烏丸線国際会館行き乗車(5分)→市営地下鉄丸太町駅下車→1番出口より烏丸通を北へ徒歩5分、蛤御門に到着。

③渡月橋から鳥居形を見る、大文字も遠望できます

観光地で知られる嵯峨嵐山。大堰川に架かる渡月橋から、五山の送り火の一つ『鳥居』形が見られます。鳥居の形の送り火になったのは、嵯峨の地域が愛宕神社の参道の入り口に位置することから鳥居になったという説など諸説あります。

点火開始時間は20:20頃、五山の送り火の一番最後の点火になります。炎が点火したのち10分から15分ほどで徐々に消えていきます。

当日は交通規制があり、渡月橋周辺は歩行者用道路になります。

また例年、渡月橋のすぐそばの中の島公園にて嵐山灯篭流しが開催されます。送り火の灯とともに、川に流される灯篭の光もあいまって、幻想的な光景が広がります。灯篭流しの今年の開催状況は随時ホームページなどで確認してくださいね(灯篭流し主催者、嵯峨佛徒連盟)。

渡月橋付近からは大文字も遠望でき、鳥居形、灯篭流し、大文字と三つの灯が楽しめる場所でもあります。

アクセス 夢館五条店から徒歩9分→市営地下鉄五条駅、烏丸線国際会館行き乗車(1分)→市営地下四条駅で乗り換え→阪急烏丸駅より阪急京都本線大阪梅田行き乗車(特急で7分)→阪急桂駅で乗り換え→阪急嵐山線嵐山行き乗車→阪急嵐山駅下車→出口より北へ徒歩5分、渡月橋に到着。

④法輪寺の展望台から鳥居形と大文字を見る

渡月橋の南側すぐに法輪寺があります。このお寺は通称「嵯峨の虚空蔵さん」といわれていて、京都では数え歳十三歳になると、知恵や福を授かるためにお参りする「十三まいり」でよく知られているお寺です。

この法輪寺には、展望台があり、京都盆地を見渡せます。ここから鳥居形が渡月橋の向こうに見え、大文字は盆地の向こう東山になるので少し遠くに遠望できます。

点火時刻はまず遠望の大文字が20:00。そして、近くの鳥居形の点火時刻は20:20。二つの送り火を見ることができます。

法輪寺展望台からの鳥居形の様子

法輪寺の境内になるので、一旦閉門になってから開門したりすることがありますので、お寺の状況により情報も随時変わることがあります。お寺にご確認の上お出かけくださいね。

アクセス 夢館五条店から徒歩9分→市営地下鉄五条駅、烏丸線国際会館行き乗車(1分)→市営地下四条駅で乗り換え→阪急烏丸駅より阪急京都本線大阪梅田行き乗車(特急で7分)→阪急桂駅で乗り換え→阪急嵐山線嵐山行き乗車→阪急嵐山駅下車→出口より北へ徒歩5分、渡月橋に到着。

送り火おすすめ鑑賞スポットは緑のマル印で表しています。お出かけの参考にしてくださいね。

2.思い出に残る穴場スポット

①吉田山から大文字を仰ぎ見る

吉田山は夢館からは多少アクセスが良いとは言えないのですが、穴場スポットで、吉田山から見る大文字の送り火のダイナミックな姿に驚かれる鑑賞スポットと思います。

吉田山は、鴨川の東、京都大学のすぐ東側に位置する小高い山で、ちょうど大文字山の大の字の向かい側に位置していますので、大文字がとても大きくダイナミックに迫ってみえます。

吉田山には中腹に吉田神社の社殿があり、また山頂付近にある竹中稲荷神社や宗忠神社のポイントから見るのがおススメです。

一の鳥居から歩いて、約10分ほどで竹中稲荷神社や宗忠神社の鑑賞ポイントへ到着します。

また、送り火の鑑賞時間帯は夜の暗い時間帯ですので、お一人様よりも複数名で行かれることをお勧めします。

吉田神社の一の鳥居の参道から上り調子の参道が続きます。登りきると竹中稲荷神社、宗忠神社が見えてきます。

夢館 大文字 五山送り火 着物レンタル 浴衣レンタル
竹中稲荷神社参道からみるダイナミックな大文字

夜間の時間帯は、昼間にみる周りの景色とはまた違う景色になりますので、その点を考慮していただき、気をつけてお出かけしてくださいね。

アクセス 夢館五条店から徒歩9分→京阪電車清水五条駅、京阪本線出町柳行き乗車(11分)→京阪電車出町柳駅下車→市バス停、出町柳駅前から市バス201系統(百万遍・祇園行)乗車→市バス停、京大正門前下車→徒歩5分で吉田神社の一の鳥居参道へ到着。

②京都駅ビルや京都タワーから見る五山の送り火

京都駅ビルの10階にある空中経路から複数の送り火を一度に見ることができます。以前は京都駅ビルから告知があり抽選にて観覧券を手に入れることができましたが、コロナ禍を経て開催の内容が変わっています。今年はまだ告知されていませんので(7月1日時点)随時、京都駅ビルの情報を確認してみてください。

また、京都タワーの送り火鑑賞は、事前申し込みにて有料で8月16日のチケットを入手できます。こちらも事前告知により販売開始日時が発表されますので、京都タワーのお知らせを早めにご確認ください。

アクセス 夢館五条店から徒歩9分→市営地下鉄五条駅、烏丸線竹田行き乗車(2分)→市営地下鉄京都駅下車→駅ビルへは出口から歩いて直結、京都タワーへは地上へ出てJR京都駅北側すぐ。

食べて楽しい大文字

昨年は京都の老舗パン屋さん、志津屋(SIZUYA)さんから、大文字あんぱんや、大文字クリームパンが期間限定で販売されていました。今年もきっと販売されるかと思います(してほしい!)

このほかにも鶴屋吉信さんや俵屋吉富さんなどいろいろなお菓子屋さんで、期間限定で五山の送り火にちなんだスイーツや和菓子が販売されます。五山の送り火の思い出にぜひデパ地下などでチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?お盆が過ぎれば京都は少しずつ秋の気配が感じられますが、ぜひ五山の送り火では浴衣姿で夏の終わりのイベントを楽しんでいただけたらと思います。

送り火の鑑賞スポットの状況はその年によっても変わりますので、ぜひ参考にしていただきつつ、事前に最新情報を入手されることをおすすめします。

京都の五山の送り火は始まった時期もいまだにはっきりしないほど歴史が古く、京都の歴史とともに歩んできた京都人の心に根差した宗教行事です。

お盆の行事であることを忘れずに、長い歴史を感じつつ、ぜひ浴衣姿で京都の夜を満喫してくださいね。

京都着物レンタル夢館五条店

〒600-8103 京都市下京区塩竈町353 豊彩ビル

電話番号:075-354-8515
メール:info@yumeyakata.com
休業日:年末年始(12/31~1/3)
営業時間:10:00 ~ 17:30(最終入店16:00)

160年以上の歴史を持つ呉服屋が運営する着物レンタル店。色数、着物の種類、サイズともに豊富。
安心してご利用いただけます。