fbpx

京都着物レンタル夢館 五条店

京都で着物・浴衣レンタル/ロケーション撮影/団体OK


京都着物レンタル夢館

2019年1月27日

投稿者:editor

衿芯

衿芯(えりしん)は長襦袢の衿に差し込んで使うと衿がピシッと綺麗に

なって見違える様な衿元になります

…とは言うものの私自身、最近まで衿芯を使った事がありませんでした

花街ではお座敷の衣装はもちろん、普段着の裾をひかないお着物でも

衿芯を使いませんでした

何故なのか?は不明ですが多分、襦袢の衿が広衿と言う着物と同じで

折って二重にして着るタイプだったので入れなかったのでは?と

思っています

なので衿芯を使う習慣がなかったのですが、撮影などの時、着付け師さんに

着せてもらう様になり、衿芯がビシッと入った襦袢で着付けして貰うと

胸元が締まって見えてとても綺麗です

張りが無くなって来たなぁと気になっていた首やあごのラインまで

スッキリ見えるのです

えりあしの抜きも、ぐにゃぐにゃが無くていい感じです

きものを着るのに紐や帯板以外の小物を使うのに抵抗があった私も

この美しさの違いに驚き!

これからはこだわりなく便利なものはどんどん使って行こう

と思いました