京都着物・浴衣レンタル夢館 五条店

京都で着物・浴衣レンタル/ロケーション撮影/団体OK


ブログ・スタッフブログ

2018年11月23日

投稿者:editor

銘仙の襟巻き

大正から昭和にかけて女性の普段着として人気があった

銘仙(めいせん)

祖母の箪笥にもたくさんありました

きものを普段着として着なくなった今、ほとんど姿を消して

しまいました

ですが今また、レトロな色使いや柄に人気が集まりアンティーク

着物としてデザインの復刻版も出ている様です

元々普段着の銘仙は丈夫で手ごろな価格なので、リサイクルショップ

等で着物として売られている他にもバッグや小物に変身している物

もたくさんあります

そんな銘仙の布で作られた襟巻きを見つけました

小さくて可愛い襟巻きですが裏がコーデュロイになっていて

暖かくとても軽いです

きものだけで無くセーターやワンピースの時に付けてもお洒落です

こんな使い方もあったんや!と感激

実家の箪笥の中を探索してみたくなりました

元舞妓紅子のぶろぐ「知っといやすか」はコチラ

元舞妓紅子のブロ「知っといやすか」京ことばバージョンはコチラ