fbpx

京都着物レンタル夢館 五条店

京都で着物・浴衣レンタル/ロケーション撮影/団体OK


京都着物レンタル夢館

2018年5月7日

投稿者:editor

34 おしろい

舞妓さんのお化粧って何であんなに真っ白なんですか?と聞かれます

私がお姉さんから教わったのは

「昔は電気が無かったから灯りはロウソクの火だった うす暗いロウソクの灯りでも白塗りだったら、ゆく映えて

綺麗に見えたそうよ」と云う事でした

お化粧のやり方は舞妓さんの学校で教えて貰うものでも無く、大体は家で先輩の舞妓さんや芸妓さんが

支度をしているのを見て覚えました

なので家によって少しずつお化粧のやり方は違った様に思います

そのうちに慣れて自分の顔に似合う様に出来る様になるのです

それでも新人の頃はきついアイライン(昔は目張りと言ってました)を入れたり口紅を大きく塗ったり

するのは駄目と言われていました

先輩の舞妓さんになって芸妓さんのなるのが近くなると、自分好みのお化粧が自由に出来る様になりました

舞妓、芸妓のメイクはベースの白と目元、口紅の赤と眉毛とアイラインの黒 

この3色しか使わないのに美しいのは何でだろうと思います

色とりどりのアイシャドウーがあるわけではないのに、目元の陰影を付けたり出来るのです

それに襟足を描くのも綺麗に見えるのかも知れませんねぇ

見習いの時お姉さんの襟足を塗らせて貰うのも大切な修業でした

綺麗に描けた時は褒めてもらいました

今でも綺麗に着物を着る為に襟剃りに行きます

あんなに白く塗るのに舞妓さんの肌荒れってあまり聞いた事がないです

昔ながらの原料で作られているからでしょうか…

ありがとうございます  又  近いうちに